生産国

安全とされるキャットフードの基準

キャットフードの表示を見ると国産とか無添加など、人の食事と同じように安全性を高く訴えた商品を多く見かけます。
ただ、減量について諸外国ほど厳しさのない日本の場合、本当にいいものなのか、安全性の高いものなのか、という見極めが難しいというのが現実です。
そのため、飼い主として安全性の高いキャットフードの見極め方を知っておく必要があります。

まず原料ですが、特に猫の必須栄養素となるたんぱく質、肉、魚類について「副産物」が利用されていないものを選択しましょう。
この副産物というのは動物の血液や内臓、皮膚などです。
この見極めは肉類という表示ではなく、何の肉なのかがしっかり表記され、できれば、フレッシュミートの商品を選択しましょう。

次に添加物です。
添加物は人の食べ物にも利用されていますが、なくていいもの、摂取しないほうがいい物なのです。
人にとっても問題視される添加物ですから、人よりも体の小さい動物が添加物まみれのキャットフードを摂取する事の危険性は理解できるでしょう。

日本は食物にうるさい国、衛生管理にも食品添加物についてもかなり厳しいというイメージがありますが、人の食べ物について厳しいという事です。
動物の食べ物については諸外国よりも甘さがあります。
国産だから安心という事を、キャットフードでは言えない、表示を確認し、添加物の有無、原産国、Cat Foodに利用されている原料などをしっかり確認し購入する必要があります。


このページの先頭へ