生産国

キャットフードの配合量について

キャットフードに何がどのくらい配合されているのか、その配合量は気になるところです。
猫にも人間と同じように必要不可欠な栄養素があり、猫の六大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、水です。

炭水化物は人にとっては重要な栄養素ですが、猫にとってはそれほど重要とは言えません。
ただ栄養素的に摂取しておく方が安心という程度で、炭水化物の強化吸収能力が人ほど高くないため、重要視しなくてもいいものとされています。
タンパク質は猫にとって主食、最も重要な栄養素で、アミノ酸を含む良質なたんぱく質の摂取が必要不可欠です。
エネルギー源となる脂質は必要不可欠なものですが、過剰摂取は人間同様肥満になってしまうため、バランスよく摂取することが必要です。

ビタミンは体調を整えるために重要な栄養素です。
猫は太陽の光を浴びたがりますが、これはビタミンDを体に取り込むためです。
ビタミンAやビタミンE、ビタミンB1など、猫も人間と同じようにビタミンが必要なのです。
ミネラルは特に必要な栄養素で、猫が必要とするカルシウム量は、体重1キロに換算してみると人間の20倍もの量が必要とされます。

こうした猫にとって必要な栄養素http://catfood.tokyo.jp/nekonohituyouto.htmlをバランスよく含んでいるキャットフードが望ましいと言えます。
キャットフードにどのような栄養素が配合されているか、配合量についても注目してください。


このページの先頭へ