生産国

キャットフードの保存方法に関して

キャットフードの保存方法ですが、まず、ドライフードの場合、直射日光を避けて密閉容器で保存するというのが一番いい保存方法です。
直射日光を浴びると内容が変成することもありますし、賞味期限が宛にならなくなります。
また袋に入れて口をしっかり閉じておいても、小さな虫などが入り込むこともあります。

台所などの暗所に密閉容器に移して保存する方法がいいでしょう。
この際、密閉容器に開封して中身を入れた日付と表示されている賞味期限などをメモなどに明記して貼っておくことをお奨めします。

開封して密閉容器に移してからどの程度もつのか、賞味期限についてですが、通常ドライフードの場合、1ヶ月と考えておくべきです。
このくらいで使い切る量を購入していきましょう。

キャットフードのウェットフードの場合、缶詰は記載されている賞味期限を守り利用する事が必要です。
保存は缶詰に関しても暗所保存してください。
レトルトパックで1食分となっているものは、その日に使い切る方が衛生的です。

キャットフードを1食分を食べきれないという場合や、量が多いレトルトパックなら別の容器に入れて、冷蔵保存します。
ただ、出来る限り1日で使い切る事を考えてください。
もし1日で使い切れないという場合は、冷凍保存してもいいですが、できれば早く消費した方が安全です。


このページの先頭へ