生産国

キャットフードに含まれている危険なもの

日本は食べ物についてかなり厳格なので、キャットフードに関しても安全だろうと思うのは大きな間違いです。
実はキャットフードなどのペットフードに関して人には危険といわれ禁止されている毒物的な物質が利用されているという状態なのです。

今は原材料について、また添加物についても表示義務がありますが、少し前まではその義務すらなかったというのが日本のペットフードの実情なんです。
利用してもいいとされる添加物についてもやはり入っていないほうがいい危険性があるものもありますので、飼い主は猫の健康管理を考えるうえで、添加物についても理解しておく必要があります。

キャットフードに含まれる危険なもの、添加物については防腐剤、着香料、着色料などです。
防腐剤は長期保存できるようにとくわえられています。
特に輸入品の場合、輸入コストを削減するために運搬費用の低い船によって長い時間をかけて運ばれてくることが多いので、防腐剤を利用していることが多いです。
着香料は、猫が嗅覚で食事するという事をポイントに香りを付けて販売しているものです。
香りを無理につけなくては猫の食いつきが悪い商品では困ります。

着色料は人に対して見た目を良くして購入してもらおうということで着けられています。
猫は色をそれほど識別していないので、飼い主に目を引くおいしそうな色付けをすることで、購入してもらおうと利用されるもので、猫の健康にいいかといえばよくないものです。
こうしたキャットフードの中の危険な物について、飼い主が敏感になっておく必要があります。


このページの先頭へ