生産国

目的別に分けているキャットフード

猫もいろいろです。
とてもよく食べる猫もいれば、食が細い猫もいます。
運動が好きで遊ぶのが好きという猫もいれば、あまり遊ばないという猫もいます。
複数の猫を飼っている方なら、猫の性格や気質は全く違うと感じているでしょう。

キャットフードは目的別のものもあります。
例えばアレルギーを持っている猫の場合、アレルゲンとなる食べ物を除去したアレルギー対応食、肥満という猫には体重管理用、肥満用食、よく毛玉を吐く、という猫には毛玉ケア食、猫の現在の状態をよく把握しておくと、どんなキャットフードが必要かわかります。

病気で獣医さんに進められて目的別のキャットフードを利用されている方もいます。
猫にも糖尿病や消化器の病気、便秘などの人と同じような病気があるんです。
その症状に合わせて必要な栄養素を摂取できるフードを利用します。

飼い主目線で、大切な猫に質の高いものを食べさせてあげたいという事なら、例えばオーガニック素材のキャットフードもありますし、自然素材のものもあります。
安全性の高い添加物ゼロのキャットフードなどは今、多くの飼い主さんから注目され、利用される方も多くなっています。
猫の体の調子は飼い主さんが一番よくわかるはずです。
目的別キャットフードで健康管理をしっかり行いましょう。

このページの先頭へ