生産国

無添加で作成されているキャットフード

今、ペットフードも質の高いものが多くなってきています。
原料に気を使い、猫の体に悪影響のない品質の高いキャットフードは注目され、多くの飼い主さんたちが購入されています。

キャットフードに関しては法律に沿ったものが販売されるようになっていますが、積極的に粗悪品を排除しようという動きがないのが実情です。
そのため、法律にそぐわなく原料を利用してはいないものの、添加物などがかなり入っているものもあります。
人に対して禁止されている添加物でも猫のご飯に関してはOKという場合もありますので、飼い主がきちんと安全なキャットフードを見極めてあげる必要があるのです。

キャットフードに含まれる添加物は、防腐剤や香料、着色料などがありますが、こうした添加物は猫にとっていいものであるはずがありません。
できれば無添加のキャットフードを利用してあげたいと強く願う飼い主さんも多いでしょう。
最近は、ペットブームもあり、高品質で安全性の高いキャットフードが販売されるようになり、注目を集めています。

猫などの動物は自分の健康管理を行う事が出来ません。
飼い主が責任をもって管理していくべきなんです。
病気にならないように、また余計なものが入ったフードで体調を崩さないように商品を選びましょう。


このページの先頭へ