生産国

キャットフードの療法食について

人が病気になると制限食を言い渡されることがあります。
例えば糖尿病がいい例です。
糖尿病は糖質の含まれた食事を制限する糖質制限食があり、ごはんなどの糖質を全く除去するものや、グラム数を決めて制限する等、健康を取り戻す、また現状を維持するための食事を行っていきます。

現代の猫も様々な病気を抱えている猫が多く、そのための療法食があります。
猫の世界にもメタボ、肥満は深刻な問題で、減量が必要、糖尿病によって栄養コントロールが必要、肝臓の病気で制限が必要など、様々な療法食があります。
病院で進められて療法食となるキャットフードを食べる猫も多くなっています。

かわいいから、欲しがるからとキャットフードもおやつも欲しがるままにあげたり、人間の食べ物が好きだからと、食事の際に一緒のものをあげたり、その時は猫も飼い主も満足ですが、こうした生活を継続していると、猫の体に負担がかかり、肥満となってしまったり肝脂肪となってしまったり、消化器に問題を抱えることになってしまうのです。
そんな猫の食事をサポートしてくれるのがキャットフードの療法食です。
猫の状態によって様々な種類がありますので、健康管理に利用できます。
最初はなかなかなれず、食べない猫ちゃんもいますが、だんだんと食べるようになるので、愛する猫の健康のためにぜひ、利用してみましょう。


このページの先頭へ