生産国

キャットフードでお勧めとされる生産国

ペット先進国といわれるアメリカのキャットフードはお勧めです。
ただべったりかわいがる、という飼い主ももちろんいますが、猫の健康をより考えるという飼い主が多くなっていて、ペットにもスローフードを、という考え方も出てきています。
そのため、獣医師と研究を行って作られたという栄養バランスのいい良質なキャットフードなどが多数販売されています。

以前、アメリカであるメーカーのペットフードを食べた猫や犬が腎臓障害によって多数死亡するという事が起き、このことが要因となって、ペットフードの安全基準がしっかり見直されたということがあります。
成分や原材料の表示義務などなかなか厳しいものです。
消費者の目も厳しいものになっていて、安全性が考慮されていないキャットフードは購入しないという飼い主が多いのです。
こうした安全性への基準は日本でも考慮されていますが、日本の場合、原材料や成分などへの表示義務があっても添加物の表示義務ができたのがつい最近など、、アメリカなどの諸外国と比較するとちょっと甘い・・・という状態です。

もちろん、日本国内のメーカーによっては良質な原材料を利用し栄養価を考え、猫の健康に考慮した質の高いキャットフードを提供してくれるところもあります。
見極めは飼い主の仕事です。
海外産でも国内産でも必ず成分表示をしっかり見る事、これが大切です。


このページの先頭へ