生産国

総合栄養食で人気があるキャットフード

最近キャットフードを手作りする飼い主さんが多くなっています。
大切な猫の為に自分の目でいい材料を選び、自分の手で猫用に調理し、自分が愛情を込めて作ったものを猫に食べてもらう、これは飼い主さんにとって至福の時なのかもしれません。

ただ、安心材料を利用できるという利点はありますが、栄養価的にしっかりバランスのとれたものを与えるというのはなかなか手作りではうまくいかないものです。
キャットフードはどうか?というと、猫に必要な栄養素をバランスよく配合されています。
最近は年齢によって積極的に摂取したい栄養素を配合したキャットフードや高齢の猫に食べやすい形状になっていて、しかも栄養価にとんだものなども販売されています。

肥満の子には、カロリーカットされたキャットフードもありますし、便秘気味の子にはうまく排便を促す栄養素を含んだものがあります。
年齢別、目的別という部分でも商品を比較検討できるんです。

猫の栄養について詳しい知識を持っているのなら
別ですが、キャットフードに勝る総合栄養食はないと考えていいでしょう。
添加物などが全く入っていない質の高いものなら、より一層、栄養価にとんだ栄養食となります。
手作りは愛情をかけてたまに作ってあげる、そして普段は総合栄養食となるキャットフードを利用するというのがベストでしょう。


このページの先頭へ