生産国

手作りで対応できるキャットフード

手作りでキャットフードを作る利点とは何かを考えてみると、まず、利用する材料を自分で選ぶことができるため、安全性が高くなるという点でしょう。
キャットフードにも粗悪品があり、どんな肉が利用されているのかわからないものもあります。
自分で作れば、利用する材料も質の高いものを選択できます。

ただここで知っておいてほしいのが、猫に必要な栄養素です。
市販のキャットフードの場合、猫に必要な栄養素をバランスよく配合されています。
添加物などの問題がありますが、栄養価的に見て、猫にとってキャットフードほど優れているものはないのです。
もし手作りキャットフードをこれから作っていきたいという事なら、猫に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラル、脂質などの栄養素を知り、その配合量についても墓宇しておく必要があります。

手作りキャットフードの造り方についてはネットなどでも丁寧に指導してくださるページがあります。
猫の理想的な体重に見合ったカロリー計算についても情報がありますので参考にできますが、毎日、手作りキャットフードというのは避けるべきでしょう。

栄養価的に勉強していても、人が作る場合、「このくらいでいいか」とか「今日はちょっとタンパク質が多いかな?」なんてだんだんと自分流になっていきます。
猫の健康管理という面を考えると、キャットフードほど栄養素的に優れたものはないのです。
できれば、手作りごはんは週に1回から2回、他はキャットフードで健康管理をしていきましょう。


このページの先頭へ