生産国

キャットフードの適正年齢について

最近キャットフード売り場を覗くと、7歳以上などの年齢表示を見ます。
人間も成長期のお子さんに特に必要な栄養素や、ご高齢になって積極的に摂取してほしい栄養素があります。
同じように猫にも年齢、ライフステージによって必要な栄養素があり、その栄養素をバランスよく配合されているキャットフードが注目されているのです。

一般的に0から12か月、1歳から7歳、7歳以上が猫のライフステージです。
キャットフードによって適正年齢が決められた商品があると、飼い主としてもその段階で必要な栄養素が配合されたキャットフードを選ぶことができ、安心です。

成長著しい0から12か月の猫には成長期に必要な栄養素が多く配合され、肥満になってしまっては困る、健康を維持したい1歳から7歳にはその年齢に必要な栄養素が、高齢の猫には高齢になっても健康的に生きていける栄養素がバランスよく含まれています。
高齢の猫は特に、食事に対して興味が無くなっている食が細い猫も多いので、食べやすく消化しやすい形状となったキャットフードが望ましいでしょう。

こうした適正年齢のキャットフードを利用することで、猫の健康管理が出来るようになります。
このキャットフードを基本に、猫が飽きないように、ドライやウェットを使い分け、たまに人とのコミュニケーションとしておやつをあげるなど、猫の健康に気を使ってあげてください。
キャットフードの人気ランキングも参考にしましょう。

このページの先頭へ