生産国

野菜が入っているキャットフードのメリット

猫のキャットフードに野菜?だって猫は草食系じゃなくて肉食系でしょ?という声が聞こえてきそうですが、勿論猫は昔から野菜を食べるという習慣はありません。
犬は野菜も食べますが、猫はタンパク質である肉、魚を食べてきた動物です。

猫という動物は不思議な生き物で、ミネラルやビタミンなど通常野菜から摂取する栄養素を、他のところから摂取できるという特徴を持っているのです。
ただこれは、野生の猫、外出する猫、ということで、飼い猫で外出せず室内だけで飼っている猫の場合、やはりビタミンやミネラルの摂取が必要となります。

室内で飼っている猫の場合、ミネラルやビタミンを野菜から接種する必要がありますが、人間とは違い、野菜中心という事ではなく、あくまでも栄養素の補助として考えるくらいの量でいいのです。
食物繊維が猫にとって適度であれば、腸内の蠕動運動もしっかり行われ、例えば便秘になっている猫も排泄サイクルがしっかりしてきます

さて、野菜をどう食べさせるか?ですが、最近はスーパーやペットショップなどで猫の野菜として猫草が販売されています。
この草を食べるようならあげてください。
中には食べない猫のいますので、その場合、キャットフードで野菜の栄養素入りのキャットフードなどをあげるといいでしょう。

このページの先頭へ